好きな場所

私の好きな場所。近くの山にある展望台です。住んでいる街が一望できます。人間に「お気に入りの場所」がある様に、カラスさんたちにもそれぞれ「気に入った場所」があるような気がします。

観察していると、「あれ?この前もここにいたよな?」と思う時があります。

今回は、ここがカラスさんのお好みの場所なのかな・・・と思える様子をご紹介します。

まずは山中で見かけるカラスさん。枝が折れたこの場所が好きな様で、時々寛いでいる姿を見かけます。

考え事をするにはここだよ・・・
なにか思いついたかな?

動物園にもカラスさんがいます。この場所は入れ替わり立ち替わりカラスさんが利用している人気の場所の様です。遠くまで見渡せる上に、ニンゲンは絶対に近づけない場所(実はテナガザルさんの運動場の上です)。安全なのかもしれませんね。

高みの見物だね

海沿いのこちらの杭。なぜかカラスさんがよくとまっています。見かけるたびに違うカラスさんの様です。人気の場所なのかもしれせん。海岸沿いなので、砂浜や磯もあり、食べ物が探しやすいのかも。

今日は一番乗りだよ!

山道にあるこの場所は街灯が並んでいてとまりやすいのか、いつも同じカラスさんを見かけます。近くには林があるので、食べ物を探し易いのかもしれません。

くつろげるね

山沿いの道ではよく電線にとまっています。太いケーブル、細いケーブル、上手にとまっています。電線や電柱もカラスさんたちの人気の場所ですね。

この太さなら楽勝さ
細くても大丈夫・・暑い

山道沿いの手すりも人気の場所です。ここは雨が降ると手すりに水滴が残るので、水分補給にも使っている様です。赤い手すりにカラスさんの姿。素敵ですね。

綺麗だね。ほっぺ何かついてるよ
もふもふ

神社の屋根の端っこ。ここは水浴びした後のカラスさんがよく利用しています。なぜわざわざ細い所にとまるのかわかりませんが、何か理由があるのでしょう。日差しが良い?風通しがよい?眺めがよい?いろいろ考えるのも楽しいです。

高い所が好き?

細い枝の上でも器用にカキカキできます。体重をかけて膝を曲げるとしっかりロックされる足指。鳥類ならではの特技かもしれませんね。

一本足カキカキ・・・楽勝だよ

いろんな場所で過ごすカラスさん。縄張りや活動範囲もあると思うのですが、きっとその場所に、「気に入る何か」があるのだろうな・・と思います。理由を考えてみるのも楽しいですね。

え?好きな場所?・・・御飯がある所だよ!

カラスさんたち。素敵な姿をありがとう!

11+
カテゴリー: カラス | 好きな場所 はコメントを受け付けていません

表情

喜怒哀楽。人間はいろんな表情がありますが、カラスさんたちもいろんな表情を見せてくれます。

え!黒くてわからない?よく見ると表情豊かで驚きますよ。

今回はカラスさんたちの表情について書いてみました。

いつものことながら、勝手に想像して写真にキャプションをつけています。

さてさて・・・見る角度にもよると思いますが、同じカラスさんでも違った表情に見えます。

嬉しそう?
考え中?

正面から見た場合と、横から見た場合では、ずいぶん違って見えます。

同じカラスさんでもこんなに表情が違って見えます。

正面・・凛々しいね
横顔・・可愛いね
正面・・愛嬌ありすぎ
横顔・・哀愁の表情?

怒った表情は力強く、凛々しい感じがします。

ぐわー!
ぐわー!

嘴を開けた表情はとても可愛く見えます。

およ?なんだろう
えへへへ 羽根飛び出してますね・・・

食べ物を発見した時は目がキラキラ輝いているように見えます。丸い目を大きく開いて嬉しそうにしている姿は、こちらも幸せな気持ちになります。

あむあむ!
うま~!

何か考えている様に見える時は「いったいどんな事を考えているのだろう」といろいろ想像します。野生のカラスさんたちの本当の気持ちは、カラスさん自身しかわからないと思います。人間の感情とカラスさんの感情が、どれほど近いのかわかりませんが、一生懸命暮らしているカラスさんたちに、少しでも楽しい事があれば良いなと思います。

うーん・・
おや?

カラスさんたち。素敵な表情をありがとう!

13+
カテゴリー: カラス | 表情 はコメントを受け付けていません

カラスと一緒に

子供の頃、学校の帰り道。少し道草をしてしまい、風景が夕日に包まれ、カラスさんたちの鳴き声が聞こえてくると、「あ!帰らないと・・」と思った記憶があります。

童謡の「夕焼け小焼け」を知っているからそんな風に思ったのか、それとも夕焼けとカラスさんの鳴き声が、家路を急がせる雰囲気だったのか。そこは覚えていませんが、「カラスと一緒に帰りましょう」という歌詞は、いつでも記憶の引き出しから出てくる、とても印象深い言葉の様な気がします。

嫌われる事が多いカラスさんたちですが、童謡に登場することから考えても、昔はごく自然にニンゲンと共存できていたのかもしれません。

カラスさんをお祭りしている神社もあります。九州でも「小烏神社」とよばれる神社があり、「八咫烏」がご祭神とされているそうです。

ワタシだけかもしれませんが、寺社仏閣でカラスさんを見かけると、なんとなくホッとする様な気持ちになります。

カラスさんはお寺や神社が好き(カラスさんに聞いたわけではないので、本当のところはわかりませんが)なのか、よく姿を見かけます。

お寺の屋根にとまるカラスさん
お百度石にとまる雛ちゃん。願掛けかな?
お寺の回廊で寛ぐカラスさん

一度、お寺の屋根の下に食べ物を隠している姿を見ました。美しい木の組み合わせと模様に、カラスさんの姿が溶け込んで不思議な感じがしました。散らかしたりはしませんよ。

ごそごそ・・ここなら安全だよ
へへ・・隠したよ

石仏の周辺でのんびり探索しているカラスさんを見かけると、ついじっと見てしまいます。お寺や神社という場所の雰囲気と、邪心の無いカラスさんの姿が混ざり合って、気持ちが和みます。

こっちを見ているね
お散歩中かな・・

青空の下、お寺や神社の屋根にとまるカラスさんは、なんだか神聖な感じがして、とても凛々しくみえます。昔の人々はカラスさんたちの姿を見てどんな風に思ったのでしょう。万葉集にもカラスさんの事を詠んだ歌があるそうです。

神社の屋根でくつろぐカラスさん
神社の屋根で遠くを眺める・・凛々しいね
参道を見守る?カラスさんたち・・・守護神?

古い時代。カラスさんたちは、ニンゲンと程よい距離で、今よりずっと平穏に暮らしていたのではないかと思います。ニンゲンの暮らし方が変化したことで、カラスさんたちの生き方も変わってきたのかもしれません。

お寺の前でのんびりしているよ
さあ日が沈むよ
カラスと一緒に帰りましょう

今も昔も変わらないもの。夕日の中をスイスイと飛行するカラスさんの姿。懐かしい様な、ちょっぴり切ない様な、素敵な風景だと思います。

カラスさんたち。みんな元気でね。

10+
カテゴリー: カラス | カラスと一緒に はコメントを受け付けていません

カラスさんの魅力のひとつといえば嘴です。

嘴を使う様子はとても可愛いです。今回は嘴に関係したカラスさんの様子をお届けいたします。

さて、ハシブトガラスさんとハシボソガラスさんでは嘴の形が違いますね。

ハシブトガラスさん
ハシボソガラスさん

ハシブトガラスさんの嘴は太くて厚みがあります。がっちりしています。ハシボソガラスさんは細くてシャープな感じです。

観察していると嘴を使ういろんな場面を見かけます。

お水を飲むときは上手にすくう様な感じで嘴を使っています。パクパクしながらお水を飲む様子はとても可愛いです。

あらよっと!ちょっと漏れてますね・・
水滴ついてますよ

食べ物を発見した時は、嘴であむあむしながら食べますが、食べきれない分はのど袋に詰め込んで、運んでいる姿も見かけます。

袋に入ったお菓子を見つけた時は、嘴をカッターのように使って袋を開けているところを見かけたことがあります。とても器用です。

あむあむ!食べ物だ!
ちょっと欲張りすぎだね・・・それ食べ物?
シュパッと開けちゃいます

カラスさんたちの嘴は意外に小さい物でもくわえる事ができるようです。小さな虫を見つけた時も、嘴の先で上手につまむようにはさんでいました。

器用にくわえるね

巣作りの材料を集める時は、小枝や、かなり大きな枝をしっかり嘴ではさみ、そのまま飛行する姿も見かけます。

小さい枝もしっかりホールド
おりゃあ!これぐらい楽勝さ!

遊んでいる時もいろんなものをつまみあげたり、ぽいっと投げたり、自由自在に嘴を使っています。

割りばし・・・ご入り用ですか?

お手入れにも嘴は活躍しています。翼を櫛ですくようになでたり、羽毛をホジホジしたり、丁寧にお手入れしている姿は可愛いです。

ホジホジ・・・
キレイキレイするよ

雛ちゃんは嘴の付け根あたりに馬蹄斑とよばれる部分がありますね。通称嘴パッキンです。成長するにつれて消えていくようです。親ガラスさんから食べ物をもらう時に、嘴が大きく開くようになっているのだとか・・・奥が深いですね。

雛ちゃんだよ

嘴を木の枝や、縁石、手すりなどでカシカシと擦っている仕草を見かけます。お手入れをしているのでしょうか。きれい好きですね。

お手入れ中かな

カラスさんたちにとって、とても大切な嘴・・・・そして嘴を使ったいろんな仕草・・・

観察していると興味がつきませんね。

嘴が素敵だね・・かっこ良い

いろんな姿を見せてくれてありがとう!

みんな元気でね!

18+
カテゴリー: カラス | 嘴 はコメントを受け付けていません

巣立ち雛

毎年カラスさんの雛が巣立つ時期になると、雛ちゃんが地面でじっとしている姿に出くわすことがあります。(かわいいからって拉致したら駄目ですよ!)

去年(2019年)は3回ほど地面にいる雛ちゃんに遭遇しました。そのうち2度はじっと遠くから観察していると親ガラスさんが迎えに来てパタパタと、ぎこちなく飛び去っていきました。残る一回のお話です。

山の中の道路沿い。いつもの様にカラスさん観察をしようと散策していると、雛ちゃんが縁石にちょこんと座っています。

休憩中かな?

道路の反対側は林なので、そちらに飛び去るかな?と遠くから観察していましたが、縁石の上を行ったり来たり・・

そうそう!林の方向へ戻るんだよ!
考え中かな?

とうとう道路側に降りてしまいました。さらにぺたっと座り込んだまま動きません。わざと近くを通り過ぎてみましたが、親ガラスさんの気配はありません。

道路に降りてしまいました・・・
道路は危ないよ!

しばらく遠くから見ていましたが、樹上にもどる気配もありません。夕方になると山の中とはいえ、通行する自動車が増えてきました。危ないな・・・。安全そうな場所ならそのままにしておくのですが、今回は林へ戻す事にしました。

そっと近づき様子をみると、特に怪我はしていない様です。皮手袋をつけてゆっくり手を差し出すと、ツンツンと突きます。元気そうです。後ろからそっとひざ掛け毛布でくるみました。大きさの割には驚くほど軽いです。紙風船を持っているかのような重さに感じました。

そのまま近くの林に入り、低い位置の枝にとまらせてみました。しっかり木をつかんでいる様です。これなら大丈夫かな。

しばらく遠くからみていると、パタパタと高い位置へ自力で移動しました。飛べたのね!よかった!さらに「あがーあがー」と鳴き始めたのです!暫くすると親ガラスさんと思われる鳴き声が・・・

そっとその場を離れました。

木の枝にとまれるよ!

木渡り(木から木へ飛ぶ練習)の途中で降りてしまったのか、一休みのつもりが戻れなくなったのか・・・

毎年、カラスさんや雛ちゃんの事でいろいろな話題を目にします。可愛い。かわいそう。と思う気持ちは、だれしもあると思うのですが、そのままそっとしておくのが良いと思っています。

ワタシは危険な場所から、安全な場所や近くの木に移動させてあげるのが精いっぱいなので、毎年この時期は「雛ちゃんたち!お願い!木からおりないで!!!」と思いつつ散策しています。

19+
カテゴリー: カラス | 巣立ち雛 はコメントを受け付けていません

七夕

大雨の地域にお住まいの皆様、災害救助にご尽力されている皆様、家族として共に暮らす生き物さんたち、ご無事とご安全を心からお祈り申し上げます。被害にあわれた皆様が一日でも早く日常の生活に戻れますようお祈り申し上げます。

今日は七夕です。七夕で活躍するカラスさんの仲間といえば・・・そうカササギさんです。カササギさんはスズメ目カラス科カササギ属に分類されています。カラスさんの仲間ですね。

生息地域が限られていて、ほとんどが佐賀平野を中心に暮らしている様です。生息地を定めた国の天然記念物にも指定されています。

さて、七夕で活躍するカササギさん。諸説ありますが織姫さんと彦星さんが会うための橋渡しとなる重要な役目をおっているようです。

実際カササギさんに出会うとその美しさに驚きます。色合いがとても奇麗ですね。

以前に郊外で出会ったカササギさんを少しご紹介します。

お花はないかな?
お散歩たのしいな

カササギさんも巣作りの季節になると一生懸命巣材を集めて巣を作ります。カササギさんの巣はハシブトガラスさんやハシボソガラスさんに比べると大きいような気がします。

あの小さい体でよくこれだけの巣をつくるな・・と驚かされます。

大きな巣
コツコツ作るよ

巣材を集める様子はとても可愛いです。苔のようなものを嘴いっぱいにくわえて運んでいました。仲良し二羽でちょこんととまり、周囲を眺めている様子も素敵です。

仲良しだね
それ~
巣材を集めるよ
見つけたよ

観察しているとカササギさんもブトさんやボソさんと同じ様に、葉っぱの多く茂る木陰で、ゆっくりくつろいでいる姿を見かけます。緑の中でのんびり過ごす姿も素敵ですね。

翼が奇麗だね

カササギさんを見ていると、なんとなくハシボソガラスさんに仕草が似ているような気がしました。ワタシの行動範囲ではなかなか見かけることのないカササギさん。いつかまた会えると良いね。

いろんな事がある毎日ですが、来年はもっと多くの人が、笑顔で七夕の夜を迎えられれば良いなと思います。自然の中で暮らす生き物さんたちも平穏無事に暮らせると良いですね。

カササギさんたち・・ありがとう。

7+
カテゴリー: カラス | 七夕 はコメントを受け付けていません

仲良し

カラスさんは愛情深い。見ているこっちが照れるぐらい仲良しなのです。

言葉は交わさなくても強い絆を感じますね。

アイコンタクトなのかちょっとした仕草で気持ちが伝わるのか・・・

本当に不思議に思う時があります。

山中で見かけたカラスさんの番なのですが、とても仲良しです。顔を見合わせたり嘴で繕ってあげたり・・。

鳴き声は一切発しないんですよ。でも何となく、お互いの事がわかっているのか、すごく自然に見えます。

お手入れするよ
お返しだよ

一緒に活動している姿をよく見かけます。こちらの番はお互いを守るようにぴったり寄り添っていますね。違う場所でもやはり一緒です。仲良し!

夫婦でのんびり
同じ方向を見つめて・・

食べ物探しも一緒に活動している光景を見かけます。食べ物をプレゼントしている姿を見かける事もあります。優しいですね。

こちらはいつも一緒に山奥で探索しているハシブトガラスさんたち。立ちポーズまでシンクロしている様に見えます。

良いものないかな
見つけたよ!おお良かったね!

カラスさんたちはどうやって自分の気持ちや意思を伝えているのでしょう。もちろん鳴き交わしで自分の居場所を知らせる事はあると思います。翼を広げておねだりするといった、仕草で気持ちを表現する事もあると思います。

しかし不思議に思うのは、静かに活動している時も、意思疎通ができている様に見える時があるのです。お互いを思う気持ちが強ければ、こんな風に自然と優しさを分け合えるのかもしれません。

さあ帰ろうか・・・

仲良しカラスさんたち。いつまでも幸せに元気でね。

12+
カテゴリー: カラス | 仲良し はコメントを受け付けていません

カラスさんの一日

朝起きて、眠い目をこすりながらパンをかじって、歯磨きして、電車に乗って会社へ。。。あー!これはワタシの朝ではないか!

いや、そうではなくて、今日はカラスさんの一日について書いてみようと思います。

これはあくまでワタシが観察を続けた結果、こんな感じではないか?と思っている内容なので、学術的根拠はございません。あしからず。

さて、カラスさんたちは朝早いですよ。だいたい日が昇る前から起きだして、まずは塒から出動です。それーっとばかりに四方八方に飛んでいくのですが、よく見ると二羽とか三羽とかチームを組んでいるような気がします。ご飯を食べる場所はそれぞれ自由のようですが、目的地はおおむね決まっているようですね。街、山沿い、漁港なんかも人気のスポットのようです。

お金があればすぐに食べ物が買えるニンゲンとは大違いですね。カラスさん専用コンビニがあればよいのですが・・・カラカラマート作りたい(妄想)

良いものあるかな?
見つけたよ!
この●太郎はわしのじゃ!

子育ての時期は自分の食べる分も雛ちゃんの食べる分も探さなければならないので大変です。巣や雛ちゃんの所を何度も往復していますね。

ちょーだい!

ご飯を食べると今度は水浴びでしょう。川沿いや、公園近くの池や、広めの用水路なんかでバシャバシャやってます。一度、お城の外堀で集団水浴びしている場面を見たことがありますよ。

気持ちいね

水浴びが終わったら、今度は身体のお手入れですね。濡れた翼を少し開いて羽干ししたり、嘴でカシカシしたり、おしりのあたりの尾脂腺をチョイチョイして身体に塗ったり。丁寧にやっています。きれい好きですね。ワタシよりきれい好き?

お手入れ中

お手入れが終わると、遊んだり、木にとまってくつろいだり、のんびりしているようです。紙コップを発見してビリビリ破いたり、木の枝を引っ張ったり、いろんなものに興味があるようです。風が強い日は若いカラスが集まって風乗り大会を開催しています。これは面白いですよ。

青空を飛行するよ
それー!
割りばしをたててみる・・・うん楽しいね

さて夕方になると塒に帰る準備ですね。ワタシの見る限りでは、大きな木に集まったり、電線に集まったり、巨大な鉄塔に集まったりしています。塒に帰る前の集合ですね。そこから一斉にそれぞれの塒に帰ります。そしてお休みの時間です。

こうやって書いてみるとシンプルな一日を送っているように感じますが、生きるために一生懸命身を守りながら生きているのでしょうね

そんなカラスさんの一日を絵にかいてみました。

カラスもさんも、生き物も、ニンゲンも平穏無事に暮らせると良いですね。

カラスの一日
17+
カテゴリー: カラス | カラスさんの一日 はコメントを受け付けていません

桜の家族

以前に投稿した桜の木に巣をつくったカラスさんたち。その後、元気に過ごしているのでしょうか。先日、こっそり様子を見に行くと、なんと!2羽の雛ちゃんが元気に育っているではないですか!

さてさて。。。思えばこのカラスさんたち、長い道のりでした。

4月上旬。桜の花が咲き乱れる中、一生懸命巣作りに励んでいました。

巣材を集めるよ
ごそごそ・・巣作り中
素敵な巣だね

4月下旬。抱卵に入ろうとしているのでしょうか。尾羽がのぞいたまま動かない時間が増えました。

尾羽が見えていますね

5月上旬。時々尾羽がピコピコ動く様子が見えますが、中の様子はわかりません。

雛ちゃんいるのかな

5月下旬。とうとう雛ちゃんの嘴がぴょこっと見えました。親ガラスさんたちも、一生懸命、食べ物を運んでいるようです。

6月上旬。ついに雛ちゃんのお顔を見ることができました。青い目で可愛いです。巣立ちも近いようですね。

雛ちゃんのぞいています
表情が可愛いです

6月中旬。ついに雛ちゃんが巣立ったようです。一羽が近くの木の枝にちょこんととまっています。一羽だけなのかな?と見ていると、巣の中で動きが・・・。姿を現したのはもう一羽の雛ちゃんです。これから巣の外へ出ていくのでしょうか。

何を見ているのかな
立ち上がったね!

親ガラスさんたちも近くで見守っている様です。

見守る親ガラスさん

巣作りを始めてからほぼ三カ月。雨の日も、風の日も、暑い日も、一生懸命「巣と我が子」を守り抜いたカラスさんたち。

巣立った雛ちゃんを見た時、「頑張ったね」と心の中で拍手していました。

雛ちゃん達は巣立ったばかり。どうか元気に育ってほしいと思います。

家族の絆を見せてくれてありがとう。カラスさんたち。

※投稿している写真はカラスさんたちに見られないように、かなり遠くから隠れて撮影しています。ご安心ください。また外出を最小限にしているため、観察から次の観察まで数週間あいています。

8+
カテゴリー: カラス | 桜の家族 はコメントを受け付けていません

教育

巣立ち雛が増えるこの時期。遠くから観察していると、一生懸命生きるための方法を教える姿を見かけます。

ぱっと見たところなんだか遊んでいるように見えますが、実は大切なことを教わっているのですね。

親離れして一人(一羽)で生きていくための生存術を全力をかけて親カラスさんは教えているのです。

さて、ぽつんと木にとまる雛ちゃん。どうしたのでしょう。

実はすぐ近くで親ガラスさんが真剣に見つめています。どうやら木から木へ飛ぶ練習のようです。二羽のうち一羽が食べ物を口にくわえています。欲しかったらここまでおいで!ということなのでしょうか?親ガラスさんたちは場所を移動しています。

ようやく雛ちゃんは合流できたようです。

さてさて、雛ちゃん。お腹がすいたのか一生懸命おねだりしています。食べ物をもらえたのですがその後は、いくらおねだりしても親カラスさんはしらんぷり。

自分で探すことを徐々に教えているのかもしれませんね。親カラスさん・・・喉袋にはまだ食べ物があるようなのですが・・・

ちょうだい!ちょうだい!
もうないよ!
子ガラスちゃんひとりぼっち

しばらくすると親ガラスさんたちは少し離れた場所に移動し、じっと雛ちゃんを見つめていました。

巣立った雛のうち立派に成鳥まで生きられるのは一割にも満たないといいます。この番は営巣している頃は3羽の雛がいたようですが、現在は一羽しか見かけません。自然の中で生きていくことの厳しさを感じます。

がんばって立派に育ってね!

13+
カテゴリー: カラス | 教育 はコメントを受け付けていません